© スキンケア情報(美容・肌・アトピー)-skincare.eqol.jp All rights reserved.

20165/14

血糖値を下げる薬物療法とは

血糖値が高くて悩んでいませんか?血糖値が高いと血糖値を下げる方法にはいろいろありますが、ここでは薬物療法について解説します。

血糖値が高いとは

血糖値が高いとはどういう状態かと言うと血管の中に過剰に糖がある状態を言います。

体内で十分インスリンが作られないとか、インスリンは十分あるのに細胞への入り口となる玄関がうまく反応をしない状態になると血中の糖が高くなってしまいます。

対策していますか?

血糖値が上がる事で発症する症状には多くの場合には自覚症状が無いです。

そのためほとんどの人たちが血糖値を下げる食品に対して何かの対策をしていない可能性が高いです。

でも、本当は普段から気をつけていれば気づく事ができます。

それは体から発せられるサインがあるからです。

でも、仕事や子育てに忙しいとか、疲れている状態では心には余裕がなくなってきます。

そのため体が出すサインに気づく事ができない事もあるでしょう。

では、血糖値が高くなるとどんな体のサインが出てくるのでしょう。

体が発するサイン

個人差はあるのですが、血糖値が250を超えると疲れやすくなったりとか、思考力が低下する、やたらと眠たくなるというような症状が起こります。

さらに血糖値が500を超えてしまうと事態は深刻です。

吐き気を起こすとか、意識が無くなる。

昏睡状態に陥るという事になりかねません。

ですから定期的な健康診断を受ける事が望ましいです。

その事で自分の血糖値を把握しておく事ができます。

早い段階で血糖値の異常を発見する事ができれば、薬に頼ることなく食事を改善したり、運動を生活に取り入れたりする事で血糖値をコントロールする事ができるようになります。

薬物療法

血糖値が高すぎて食事療法や運動療法をしたにも関わらずに改善が無い場合には血糖値を下げるために薬物療法に突入します。

薬物療法の薬には経口薬が使用されて主にはパロチンが主成分になります。

さらに薬物療法でも改善が無い場合にはインスリン注射を行う事になります。

パロチンとは女王蜂の蜂蜜に含まれていますが、赤ちゃんの唾液にも入っています。

しかし、大人の唾液にはほとんど含まれていません。

ただ、大人でもパロチンを生成する方法はあります。

それは飽きるほどによく噛む事です。

この事によりパロチンの生成をできると考えられています。

血糖値が高くなると何かしらのサインを体が発しているので、気になる人は意識しておきましょう。

これを見逃すと体の異常に気づく事ができずに深刻な事態に突入する事になりかねませんから気をつけて生活してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20166/10

夏のコーデのおすすめは重ね着

もうすぐやってくる暑い夏、夏場はイベントも多く、レジャーの機会も多いですね。今年はラニーニャ現象で、2010年以来の猛暑になるとか。クーラー…

20166/4

今年の夏コーデについて

夏の陽気が来るのもあともう少しです。例年であれば6月くらいから夏メンズファッションのコーディネートを考え始めれば良いのですが、昨今の温暖化に…

20165/17

一重から二重にする方法

私は生まれつき目つきの悪い重たい一重でした。だいすきな彼から死んだ魚の眼と言われてしまい二重になろうと決意し色々な方法を試しました。私が失敗…

20164/23

オーガニック製の日焼け止めを使って肌のアンチエイジング

紫外線はお肌の大敵ですよね。でも日焼け止めも、お肌に負担をかけていることをご存じですか。改めて、紫外線と日焼け止めについてお話したいと思いま…

20164/21

炭酸ミストはどんな効果がある?口コミを集めてみました!

私が炭酸ミストなるものを初めて知ったのは行きつけの宝石店の宝石の展示会会場でした。母と宝石を一通り見て回り、おしゃべりしながらお茶を頂いてい…

ページ上部へ戻る