© スキンケア情報(美容・肌・アトピー)-skincare.eqol.jp All rights reserved.

20163/20

若い頃のスキンケアはもう卒業30代から40代の基礎化粧品の選び方

30代を過ぎると新陳代謝が落ちて、体重が増えやすくなったり、出産を経験することでホルモンバランスが乱れたりと体調や体型に変化を感じることが増えてきます。

お肌も同様で、環境やストレスの影響を受けやすくなったり、加齢によるシミやシワに悩むことが多くなります。

大切なのは、自分の問題としっかりと向き合い、肌の状態に合ったスキンケアをすることです。

30代におすすめ基礎化粧品の選び方をご紹介します。

クレンジング

健康的な艶肌を作るうえで重要なのは、メイクよりもクレンジングです。

きちんとメイクを落として、スキンケアをすることで、素肌が美しくなり、よりメイクの映えるお肌になることができるのです。

しかし、このクレンジングによって、お肌を傷めることもあるので注意が必要です。

洗浄力の高いクレンジンク剤は、必要以上に皮脂を落としてしまうので、乾燥肌になったり、ニキビなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

加齢とともに肌の水分量は減り、保湿力も下がっていきますので、クレンジング剤は、しっかりと落としつつもお肌に優しい物を選ぶようにします。

30代から40代の女性のクレンジング剤には、美容液が配合されていたり、無添加で安全性の高い物がおすすめです。

化粧水

30代から40代のお肌は、水分量が減り、乾燥しがちなので、潤い成分がたっぷり入った化粧水が必要です。

お肌に潤いをしっかりと閉じ込めてくれる成分が配合された物を選ぶとよいでしょう。

おすすめは、「セラミド」が配合された化粧水です。

セラミドは、お肌の一番上の表皮の部分に存在しており、細胞間で水分や油分を閉じ込めて、外部の刺激からお肌を守る働きをしています。

もともと人間の肌にあるものなのですが、加齢とともに減少してしまいます。

セラミドが不足するとお肌に水分を閉じ込めておくことができなくなるので、乾燥肌になったり、花粉・埃・紫外線といった刺激に弱くなり、肌トラブルを引き起こします。

セラミド化粧水は、できれば天然成分で作られた安全性の高い物を選ぶとよいでしょう。

乳液・美容クリーム

化粧水でお肌に水分を補給したら、乳液を塗ることでお肌にふたをしてあげましょう。

乳液も化粧水と同様にセラミドが配合されたものを選ぶと保湿力がよりアップします。

オイリー肌だから、乳液は必要ないと思われているかもしれませんが、そのベタつきは乾燥が原因の可能性があります。

肌の水分量が不足していると肌が過剰に油分を出して水分量を保持しようとすることがあるからです。

乳液よりももっと保湿力が欲しいという方は、美容クリームを使うと良いでしょう。

乳液よりもコクととろみがあり、保湿力が高めです。

自分のお肌の悩みに応じて、美白成分やアンチエイジング成分が配合されている物を選ぶとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20166/10

夏のコーデのおすすめは重ね着

もうすぐやってくる暑い夏、夏場はイベントも多く、レジャーの機会も多いですね。今年はラニーニャ現象で、2010年以来の猛暑になるとか。クーラー…

20166/4

今年の夏コーデについて

夏の陽気が来るのもあともう少しです。例年であれば6月くらいから夏メンズファッションのコーディネートを考え始めれば良いのですが、昨今の温暖化に…

20165/17

一重から二重にする方法

私は生まれつき目つきの悪い重たい一重でした。だいすきな彼から死んだ魚の眼と言われてしまい二重になろうと決意し色々な方法を試しました。私が失敗…

20165/14

血糖値を下げる薬物療法とは

血糖値が高くて悩んでいませんか?血糖値が高いと血糖値を下げる方法にはいろいろありますが、ここでは薬物療法について解説します。血糖値が高いとは…

20164/23

オーガニック製の日焼け止めを使って肌のアンチエイジング

紫外線はお肌の大敵ですよね。でも日焼け止めも、お肌に負担をかけていることをご存じですか。改めて、紫外線と日焼け止めについてお話したいと思いま…

ページ上部へ戻る