© スキンケア情報(美容・肌・アトピー)-skincare.eqol.jp All rights reserved.

20162/24

まるで家みたいな作り沖縄のお墓

亀甲墓は琉球時代から??

沖縄というと南国の島。

この南国の島沖縄には不思議なものが多いですよね。

沖縄の伝統のほとんどは、中国から流れ着いたものと言われています。

なぜなら、沖縄は今から約570年前から約120年前まで琉球王国というところだったことが明らかにされてるのだが、その時代から中国や日本、朝鮮、東南アジアなどと外交、貿易を交わしていたのだという。

尚、今も沖縄の文化には琉球時代からの文化が切れない。

さて、よく観光客が見てびっくりするお墓。

それは亀甲墓(きっこうかば、かみぬくー)と呼ばれていて、墓室の屋根は亀甲形をした形になっていて沖縄では多く見られます。

琉球王国時代では士族のみに許された墓だったらしいが廃藩置県以降になったあとは庶民の間でも普及した。

と言われています。

昔は子供たちの遊び場

また、祖父の話しによると昔は家の敷地内に墓を作る習慣があった為、いきなり住宅街に墓を作られてもびっくりしなかったんだとか。

その影響があるのか私の母親世代は近くに遊ぶ場所がなければ墓で鬼ごっこやかくれんぼ、または屋根の上に上り遊んでたといってました。

戦時中は大活躍??人々の命を救った

また、戦時中も亀甲墓は人々の命を救ったと沖縄では有名です。

これまた、祖父から聞いたお話ですが沢山の人が亡くなった沖縄戦。

アメリカ兵から身を守るために、ガマ(洞窟)を作りそこを隠れる場所にした。

この話、ご存知の方多いと思います。

実は死者が多く出てしまった理由の1つが味方である日本兵の独占のせいだと祖父は言っていました。

昔は兵隊はお偉いさんだったため、兵隊さんが言うことは必ず従わないといけなく、自らの身を隠す為に作ったガマのはずが、日本兵がそこに逃げてくると「ここは今から我々のものだ」と追い出されることも少なくなかったとか。

従わないと銃で撃たれることもあったらしいです。

その追い出された方たちは、亀甲墓の中身をとりだしそこに隠れる。

それで命が助かったって人もいるみたいです。

色んな伝統がある島

琉球時代からの伝統を今もなお受け継いでる沖縄。

観光客からしても、いまの沖縄の若い子からしても不思議で溢れてる島。

昔、昔からの伝統。

色んなお話しを祖父から聞いてる私はもちろん沖縄産まれ沖縄育ちの沖縄人(ウチナンチュ)ですが、まだまだ知らないことだらけです。

沖縄の伝統は奥が深い話しばかりですよ。

皆さんも是非、沖縄に旅行に来たらお散歩などしてるおじい-やおばあに話しかけてみてください。

色んな面白い沖縄墓の文化や為になる沖縄の豆知識など教えてくれるとおもいますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20166/10

夏のコーデのおすすめは重ね着

もうすぐやってくる暑い夏、夏場はイベントも多く、レジャーの機会も多いですね。今年はラニーニャ現象で、2010年以来の猛暑になるとか。クーラー…

20166/4

今年の夏コーデについて

夏の陽気が来るのもあともう少しです。例年であれば6月くらいから夏メンズファッションのコーディネートを考え始めれば良いのですが、昨今の温暖化に…

20165/17

一重から二重にする方法

私は生まれつき目つきの悪い重たい一重でした。だいすきな彼から死んだ魚の眼と言われてしまい二重になろうと決意し色々な方法を試しました。私が失敗…

20165/14

血糖値を下げる薬物療法とは

血糖値が高くて悩んでいませんか?血糖値が高いと血糖値を下げる方法にはいろいろありますが、ここでは薬物療法について解説します。血糖値が高いとは…

20164/23

オーガニック製の日焼け止めを使って肌のアンチエイジング

紫外線はお肌の大敵ですよね。でも日焼け止めも、お肌に負担をかけていることをご存じですか。改めて、紫外線と日焼け止めについてお話したいと思いま…

ページ上部へ戻る