© スキンケア情報(美容・肌・アトピー)-skincare.eqol.jp All rights reserved.

20163/8

ミネラルファンデーションを選ぶコツ

ご存知の方もおられると思いますが、ミネラルファンデーションとは、アメリカのドクターが、お肌にトラブルがある人でも使えるように作られたファンデーションです。

手術や火傷の跡をカバーしたりしても、お肌にほとんど負担がありません。

天然ミネラル成分でできており、クレンジングを使わずに、石鹸や洗顔料だけで落とせるのも魅力の1つです。

薄づきだし苦手だと言われる方もおられますが、最近ではカバー力に優れている商品もあります。

UVミネラルファンデーションもあるので、紫外線が気になる方にはそちらも良いかと思います。

またつけ方としては、ブラシでつけるタイプもあればパフでつけるタイプのものもあります。

ミネラルファンデーションは、肌への負担を減らすことによって肌本来の力を活かすことができます。

一般的なファンデーションに含まれている界面活性剤やシリコン、油剤などが入っていません。

なので、敏感肌の方や、ニキビ跡がある方、エイジングケアを意識されている方、お肌に負担をかけたくない方にお勧めです。

大体の方が今使用されているファンデーションは、下地+パウダー、下地+リキッドファンデーション、BBクリーム+パウダーという使い方だと思います。

しかしミネラルファンデーションは、基本的に下地がいりません。

化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダー、日焼け止めの機能が備わっていふものを選べば、それ1つでOK。

今までのメイクもとても楽になると思います。

ここで、選び方のポイントをお話しします。

入っている成分が大切だと思います。

ミネラルファンデーションは、オイル、タルク、パラベンフリー、防腐剤不使用、無香料、無着色といったものが基本なのですが、注意したいのはその中でも実はミネラル100%配合ではないものもあるということです。

代表的なミネラル成分は、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカなどがあります。

これでも刺激は少ない方なのですが、ものによっては、タルクやオイルなど、本当は肌への刺激をもたらす成分が配合されている場合もあるのです。

それらを見分けるコツとしては、値段を見るのもポイントです。

100%のファンデーションはどんなに安くても3000円前後で売られています。

それに対し100%ではないものは、なんと1000円代で売られているものもあるのです。

購入される場合は、是非それも基準に選んでみて下さい。

最後に、ミネラルファンデーションはパーティーメイクなどでしっかりとしたメイクを求められておられる方、今使ってるファンデーションに不満がなく問題もない方には不向きかもしれません。

ですので、普段使いにはミネラルファンデーション、イベントの時などには肌に優しいファンデーションランキングからといった形が1番良い使い方ではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20166/10

夏のコーデのおすすめは重ね着

もうすぐやってくる暑い夏、夏場はイベントも多く、レジャーの機会も多いですね。今年はラニーニャ現象で、2010年以来の猛暑になるとか。クーラー…

20166/4

今年の夏コーデについて

夏の陽気が来るのもあともう少しです。例年であれば6月くらいから夏メンズファッションのコーディネートを考え始めれば良いのですが、昨今の温暖化に…

20165/17

一重から二重にする方法

私は生まれつき目つきの悪い重たい一重でした。だいすきな彼から死んだ魚の眼と言われてしまい二重になろうと決意し色々な方法を試しました。私が失敗…

20165/14

血糖値を下げる薬物療法とは

血糖値が高くて悩んでいませんか?血糖値が高いと血糖値を下げる方法にはいろいろありますが、ここでは薬物療法について解説します。血糖値が高いとは…

20164/23

オーガニック製の日焼け止めを使って肌のアンチエイジング

紫外線はお肌の大敵ですよね。でも日焼け止めも、お肌に負担をかけていることをご存じですか。改めて、紫外線と日焼け止めについてお話したいと思いま…

ページ上部へ戻る